トップページへ
 
☆お知らせ☆
市民記者3期生
いよいよデビュー
 
市民記者のみなさん
  
アロハ亭夢子
板倉慶隆
大野 滋
影法師
湘太
郡司 薫
本野木阿弥
キバライトトンボ
紙風船
えのじょなおこ
サーフ・ライター
TOMU
まつぼっくり
ヒゲヤマ
三丁目の夕日
藤沢アナログマシン
流想花
自由人@オキモト
プリズム7
ゆきうさぎ
おりづるらん
土井 隆
Arbol Viejo
ichipooh
いっぱん@庶民
さりぃ
清流ひょう箪
東 善治
funkymonk
風姿マニマニ
古川裕康
ミラー・サウンド
ライ丸
落雁亭
 
電縁都市ふじさわ市民記者養成講座を修了したみなさんです。
 
 
第三期 市民記者 コラムアーカイブ
 
 ■コラム1:きらきらのあの日
 ●「WTC」 Arbol Viejo (2008年9月1日)
 ●「オリンピックに碁石拾いを!」 ichipooh
 ●「蔵元と先輩に完敗した日」 いっぱん@庶民
 ●「青い思い出」 さりぃ
 ●夏休みの「小さな山里・大きなワクワク」 清流ひょう箪
 ●「メルボルンを目指して」 東 善治
 ●「若さゆえに出来ること」 funkymonk
 ●「ピンチはチャンス!」 風姿マニマニ
 ●「飛鳥と私 横浜の海はキラキラと」 古川裕康
 ●「今日は、カワハギに、エサをやりに来ました!!」
  ミラー・サウンド
 ●「供する」 ライ丸
 ●「中山道、歩く旅の醍醐味」 落雁亭
 ■コラム2:藤沢でがんばる畜産・農業
 ●「農業の発展を支える情報の発信」 Arbol Viejo
 ●「憂国の農業家」 ichipooh
 ●「農業の達人たちと繋ぐ、ふじさわの未来」 いっぱん@庶民
 ●「食の危機を救え! 〜藤沢畜産・農家の努力〜」 さりぃ
 ●「養豚の起業で頑張る! 若きパワー」 清流ひょう箪
 ●「これからの農業は、新3Kだ」 東 善治
 ●「藤沢発! 日本の農業の夜明け」 FUNKYMONK
 ●「伝統への接ぎ木」 風姿マニマニ
 ●「聞いて、食べて、そして考えた農業」 古川裕康
 ●「この味を! 時を越えて! いつまでも!」 ミラー・サウンド
 ●「装いを新たに、輝く農業への第一歩」 落雁亭
 ■コラム3:江の島の〈自然に学ぶ〉〈歴史を展く〉
 ●「東京オリンピックは江の島を変えた」 Arbol Viejo
 ●「地震を糧に成長する島、江の島」 ichipooh
 ●「歩いてほしい江の島への道」 いっぱん@庶民
 ●「江ノ島悠久 〜自然に学ぶ〜」 清流ひょう箪
 ●「江ノ島とモン・サン・ミッシェル」 東 善治
 ●「もうひとつの江の島」 FUNKYMONK
 ●「平成版・江の島道中膝栗毛」 風姿マニマニ
 ●「平成版・江の島道中膝栗毛」〜第二章〜 風姿マニマニ
 ●「江ノ島の弁才天を訪ねよう」 古川裕康
 ●「古代にロマンを! ぐるりと江の島! 裏道散歩!」
  ミラー・サウンド
 ●「江の島は自然と歴史の宝の山だ!」 落雁亭
 
 
藤沢市市民記者一周年記念誌「ふじ記第1号」
→ PDFデータを見る
 
コラムアーカイブ
 
■2010年 12月
■2010年 11月
■2010年 10月
■2010年 9月
■2010年 8月
■2010年 7月
■2010年 6月
■2010年 5月
■2010年 4月
■2010年 3月
■2010年 2月
■2010年 1月
■2009年 12月
■2009年 11月
■2009年 10月
■2009年 9月
■2009年 8月
■2009年 7月
■2009年 6月
■2009年 5月
■2009年 4月
■2009年 3月
■2009年 2月
■2009年 1月
■2008年 12月
■2008年 11月
■2008年 10月
■2008年 9月
■2008年 8月
■2008年 7月
■2008年 6月
■2008年 5月
■2008年 4月
■2008年 3月
■2008年 2月
■2008年 1月
■2007年12月
■2007年11月
■2007年10月
■2007年9月
■2007年8月
■2007年7月
■2007年6月
■2007年5月
■2007年4月
■2007年3月
■2007年2月
■2007年1月
■2006年12月
■2006年11月
■2006年10月
■2006年 9月
■2006年 8月
■2006年 7月
■2006年 5月〜6月
■藤沢の漁業
■藤沢の文学碑散策
■藤沢でがんばる畜産農業
■藤沢の自然と歴史
■藤沢の自然と歴史2
■藤沢の自然と歴史3
■きらきらのあの日
■きらきらのあの日2
■きらきらのあの日3
 
◆湘南映像祭出品作品集
 
 
 
「市民記者養成講座」は慶應義塾大学金子郁容研究室(文部科学省/現代GPプロジェクト)と藤沢市の共同で開催され、ISIS編集学校(編集工学研究所)のカリキュラムの一部が利用されています。また、この市民記者のページは編集工学研究所のサポートで運用されています。