トップページへ
 
☆お知らせ☆
市民記者3期生
いよいよデビュー
 
市民記者のみなさん
  
アロハ亭夢子
板倉慶隆
大野 滋
影法師
湘太
郡司 薫
本野木阿弥
キバライトトンボ
紙風船
えのじょなおこ
サーフ・ライター
TOMU
まつぼっくり
ヒゲヤマ
三丁目の夕日
藤沢アナログマシン
流想花
自由人@オキモト
プリズム7
ゆきうさぎ
おりづるらん
土井 隆
Arbol Viejo
ichipooh
いっぱん@庶民
さりぃ
清流ひょう箪
東 善治
funkymonk
風姿マニマニ
古川裕康
ミラー・サウンド
ライ丸
落雁亭
 
電縁都市ふじさわ市民記者養成講座を修了したみなさんです。
 
市民記者 No.207 おりづるらん
 
■コラム:ほのぼの探検記 - 17
「トム・ヤム・クンは好きですか?」
2007年08月01日
     
   
 

 

 

「ねえ、今日料理教室でトム・ヤム・クンを習ったのだけど作ってみよう
 かなあ。」

「前に食べたら固いのがあってまずかった!いらない。作らんでいいから。」

「この前、トム・ヤム・クンラーメン食べたらまずかった!」

即座に家族から反対の声が返ってきました・・・・・。

みなさんはトム・ヤム・クンを知っていますか?

トム・ヤム・クンはブイヤベース、フカヒレスープと並ぶ世界3大スープの一つです。(トム・ヤム・クンではなくボルシチがあげられる場合もあります)トム・ヤム・クンは、タイ料理を代表するスープ料理で、トム→煮る、ヤム→混ぜる、クン→えび、という意味があります。

タイ料理の特徴は、プリッキーヌという辛味の強い唐辛子とハーブを使って、辛味と風味を作り出すことにあります。辛味だけでなく具の旨味やハーブの風味を生かした奥深い味の料理ができます。

そして、何と言っても最大の特徴は、魚を発酵させて作った、日本のしょ
う油ともいわれている「ナンプラー」。このナンプラーの匂いがなんとも
言えず、強烈なのです。このナンプラーとトムヤンペーストを使って作る
のがトム・ヤム・クン。個性の強いスープです。

しかし作り方はいたって簡単。食材を切って、鍋にいれてくつくつと煮る
だけ。なんと簡単なのでしょう!

まずタイの食材独特の香辛料を用意します。
1・レモングラス:葉や茎がレモンの香りがして、香り付けに使います。
肉や魚の臭みを消し、スープやハーブティにも使います。
2・カー:タイ特産のショウガ、日本のショウガより強い香りがします。
3・こぶみかんの葉:東南アジアのハープの一種。日本では果実全体に深
いひだがあり、これがこぶのように見えるので、「こぶみかんの葉」とい
われます柑橘系の香りが特徴です。
4・ブリッキーヌ:タイのとうがらし。

これらの香辛料にトムヤムペースト、ナンプラー、鶏がらスープ、レモン
汁、砂糖を加え、10分くらい煮ます。最後にえびをいれてできあがりです。

じつは私も以前にトム・ヤム・クンの匂いの強烈さに辟易した経験があり、二度と食べることはないと思っていました。しかしおそるおそる食べてみると・・・・
「酸っぱい!辛い!何だかこくがあって美味しい!」
以前食べたトム・ヤム・クンとは全然違います。
この違いは今回の料理で使用したトムヤンペーストにありました。日本で
売られているトムヤンペーストは日本人の好みに合うように味付けされて
いるようです。おかげで強烈な匂いもなくおいしく食べられました。

この日は、久しぶりのお天気でとても暑い日でした。こんな日には辛くて
酸っぱいタイ料理が良く似合います。今まではタイ料理にあまり興味がな
く、外で食べることもほとんどありませんでした。しかし、実際に自分で
作ってみて、タイ料理の素晴らしさを感じもっといろいろなタイ料理を作
ってみたい、という気持ちになりました。

     
   
 

 

 
<< 2007年 8月  
 

おりづるらん


山口県出身で、山口のういろう、宇部のかまぼご、下関のふぐを愛しながら、国道134号線から眺める風景に憧れて藤沢に住みようになったという。料理と花が大好き、朝のコーヒーを飲みながらベランダの花を眺めるのが至福の時だとか。親子で楽しめるコラムを目指して奮闘中。



 
藤沢市市民記者一周年記念誌「ふじ記第1号」
→ PDFデータを見る
 
コラムアーカイブ
 
■2010年 12月
■2010年 11月
■2010年 10月
■2010年 9月
■2010年 8月
■2010年 7月
■2010年 6月
■2010年 5月
■2010年 4月
■2010年 3月
■2010年 2月
■2010年 1月
■2009年 12月
■2009年 11月
■2009年 10月
■2009年 9月
■2009年 8月
■2009年 7月
■2009年 6月
■2009年 5月
■2009年 4月
■2009年 3月
■2009年 2月
■2009年 1月
■2008年 12月
■2008年 11月
■2008年 10月
■2008年 9月
■2008年 8月
■2008年 7月
■2008年 6月
■2008年 5月
■2008年 4月
■2008年 3月
■2008年 2月
■2008年 1月
■2007年12月
■2007年11月
■2007年10月
■2007年9月
■2007年8月
■2007年7月
■2007年6月
■2007年5月
■2007年4月
■2007年3月
■2007年2月
■2007年1月
■2006年12月
■2006年11月
■2006年10月
■2006年 9月
■2006年 8月
■2006年 7月
■2006年 5月〜6月
■藤沢の漁業
■藤沢の文学碑散策
■藤沢でがんばる畜産農業
■藤沢の自然と歴史
■藤沢の自然と歴史2
■藤沢の自然と歴史3
■きらきらのあの日
■きらきらのあの日2
■きらきらのあの日3
 
◆湘南映像祭出品作品集
 
 
 
「市民記者養成講座」は慶應義塾大学金子郁容研究室(文部科学省/現代GPプロジェクト)と藤沢市の共同で開催され、ISIS編集学校(編集工学研究所)のカリキュラムの一部が利用されています。また、この市民記者のページは編集工学研究所のサポートで運用されています。