トップページへ
 
☆お知らせ☆
市民記者3期生
いよいよデビュー
 
市民記者のみなさん
  
アロハ亭夢子
板倉慶隆
大野 滋
影法師
湘太
郡司 薫
本野木阿弥
キバライトトンボ
紙風船
えのじょなおこ
サーフ・ライター
TOMU
まつぼっくり
ヒゲヤマ
三丁目の夕日
藤沢アナログマシン
流想花
自由人@オキモト
プリズム7
ゆきうさぎ
おりづるらん
土井 隆
Arbol Viejo
ichipooh
いっぱん@庶民
さりぃ
清流ひょう箪
東 善治
funkymonk
風姿マニマニ
古川裕康
ミラー・サウンド
ライ丸
落雁亭
 
電縁都市ふじさわ市民記者養成講座を修了したみなさんです。
 
市民記者 No.108 キバライトトンボ
 
■コラム:トンボのメガネ - 15
「江の島がバリになる」
2007年08月29日

江の島バリサンセット 2007 〜音霊響く江の島バリ〜

今年も昨年同様に江の島に南国バリの風が流れた。
日中は30度を越す暑さであったが不思議とバリ舞踊やガムラン生演奏が江の島をバリの風に変えてしまい暑さを和らげてくれた。

     
   
  ガムラン生演奏とバリ舞踊  
     
   
  バスンダリの長谷川亜美さん(ヌラヤン漁師の舞)  

海・空・風が江の島をインドネシア・バリに変身するためにの演出を手伝ってくれる。特に夕方はなんとも心地よい風がバリ舞踊を盛上げ観客の目はもう「うつろ?」日没はキャンドルに灯りがともり、そしてガムランの生演奏にもう心も身体もはバリの世界にどっぷり漬かってしまった。

     
   
  衣装体験  
     
   
  観客  

バリ舞踊は東洋の神秘的な動きと煌びやかな衣装の融合がたまらなく素晴らしい。今回(昨年は1日)は2日間に亘って遠く離れた南国バリを感じることができた。バリ舞踊やガムラン演奏だけでなく、バリのフード、雑貨、衣装体験、エステ等のブースも登場して、会場全体がバリ島の雰囲気に包また。

     
   
  迫力ある仮面  
     
   
  何とかチャンプル?  
     
   
  もうバリに?  

今回も取材に協力してくれたバスンダリ代表の長谷川さんや江の島バリサンセット2007の実行委員、バリ舞踊やガムラン演奏の方々本当にお疲れ様でした。来年も夏の江の島に是非来てほしいと思います。感動をありがとうございました。

<< 2007年 8月  
 

キバライトトンボ


小笠原をはじめ埼玉、神奈川、新潟、青森、千葉などを流転し、現在は江の島在住。アルゼンチンタンゴでは本場ブエノスアイレスで憧れのダンサーと踊り、日向ひょっとこ踊りではわずか1ヶ月で「ひょう助」役に。柔剣道5段(36戦3勝)、寅さんに憧れ、トンボに夢中。モノマネも得意とか。



 
藤沢市市民記者一周年記念誌「ふじ記第1号」
→ PDFデータを見る
 
コラムアーカイブ
 
■2010年 12月
■2010年 11月
■2010年 10月
■2010年 9月
■2010年 8月
■2010年 7月
■2010年 6月
■2010年 5月
■2010年 4月
■2010年 3月
■2010年 2月
■2010年 1月
■2009年 12月
■2009年 11月
■2009年 10月
■2009年 9月
■2009年 8月
■2009年 7月
■2009年 6月
■2009年 5月
■2009年 4月
■2009年 3月
■2009年 2月
■2009年 1月
■2008年 12月
■2008年 11月
■2008年 10月
■2008年 9月
■2008年 8月
■2008年 7月
■2008年 6月
■2008年 5月
■2008年 4月
■2008年 3月
■2008年 2月
■2008年 1月
■2007年12月
■2007年11月
■2007年10月
■2007年9月
■2007年8月
■2007年7月
■2007年6月
■2007年5月
■2007年4月
■2007年3月
■2007年2月
■2007年1月
■2006年12月
■2006年11月
■2006年10月
■2006年 9月
■2006年 8月
■2006年 7月
■2006年 5月〜6月
■藤沢の漁業
■藤沢の文学碑散策
■藤沢でがんばる畜産農業
■藤沢の自然と歴史
■藤沢の自然と歴史2
■藤沢の自然と歴史3
■きらきらのあの日
■きらきらのあの日2
■きらきらのあの日3
 
◆湘南映像祭出品作品集
 
 
 
「市民記者養成講座」は慶應義塾大学金子郁容研究室(文部科学省/現代GPプロジェクト)と藤沢市の共同で開催され、ISIS編集学校(編集工学研究所)のカリキュラムの一部が利用されています。また、この市民記者のページは編集工学研究所のサポートで運用されています。