トップページへ
 
☆お知らせ☆
市民記者3期生
いよいよデビュー
 
市民記者のみなさん
  
アロハ亭夢子
板倉慶隆
大野 滋
影法師
湘太
郡司 薫
本野木阿弥
キバライトトンボ
紙風船
えのじょなおこ
サーフ・ライター
TOMU
まつぼっくり
ヒゲヤマ
三丁目の夕日
藤沢アナログマシン
流想花
自由人@オキモト
プリズム7
ゆきうさぎ
おりづるらん
土井 隆
Arbol Viejo
ichipooh
いっぱん@庶民
さりぃ
清流ひょう箪
東 善治
funkymonk
風姿マニマニ
古川裕康
ミラー・サウンド
ライ丸
落雁亭
 
電縁都市ふじさわ市民記者養成講座を修了したみなさんです。
 
市民記者 No.102 板倉慶隆
 
■コラム3:小さなスケッチブック
「金子みすず記念館」
2007年8月20日

「山口県長門市仙崎」 と聞いても地図で場所を指せる人は山口県出身者以外には少ないと思います。観光地「萩市」の左の方角と言えばかなりの人は大体の位置が推定できると思います。

現在では、青海島観光と仙崎かまぼこで有名な観光地です。ところがこの地は、童謡詩人「金子みすず」の生まれ故郷でもあります。現在、彼女が幼少期を過ごした金子文英堂書店跡地に記念館が建てられ静かなブームになっています。
金子みすずは明治36年に仙崎で生まれ、昭和5年26歳の若さで一人娘を残しこの世を去りいつしか「幻の童謡詩人」と語り継がれてきました。20歳の時には、詩人西篠八十氏から「若き童謡詩人の中の巨星」と称賛されたほどの人でした。この世のすべてにあたたかいまなざしを向けた彼女の詩は多くの人の心に深い感銘を呼んでいます。仙崎の静かな「みすず通り」の家々の軒下には、彼女の詩が何気なく展示されてました。


   大漁

   朝焼  小焼だ  大漁だ
   大羽鰮(おおばいわし)の  大漁だ
   濱はまつりの  やうだけど
   海のなかでは  何萬の
   鰮のとむらひ  するだろう


下関から山陰線、2両編成の観光ディーゼルカー(各駅停車)で2時間ののんびり旅で仙崎へ、途中2回ほど響灘の景勝地に臨時停車し観光ガイドをしてくれました。帰りは、美祢線、1両のワンマンディーゼルカー(写真)、無人駅ばかりのローカル線、ワンマンバスと同じで降り口で運転者が料金の回収してました。のんびりとしたローカル線の旅はお勧めものです。

     
   
  金子みすず記念館  
   
  みすず観光列車 ポスター  
   
  みすずの詩 「大漁」  
   
  ローカル列車 車内  
<< 2007年 8月  
 

板倉慶隆


会社時代は、300トントレーラ、水陸両用自動車などの設計から、CADソフト、生産システム等に携わる。退職後は、里山活動ボランティア、バイクツーリング、油絵クラブ、自然観察クラブ、ミニSLクラブ、高齢者支援など、趣味を生かした地域での社会貢献にチャレンジ中。九州は門司生まれ。

 
藤沢市市民記者一周年記念誌「ふじ記第1号」
→ PDFデータを見る
 
コラムアーカイブ
 
■2010年 12月
■2010年 11月
■2010年 10月
■2010年 9月
■2010年 8月
■2010年 7月
■2010年 6月
■2010年 5月
■2010年 4月
■2010年 3月
■2010年 2月
■2010年 1月
■2009年 12月
■2009年 11月
■2009年 10月
■2009年 9月
■2009年 8月
■2009年 7月
■2009年 6月
■2009年 5月
■2009年 4月
■2009年 3月
■2009年 2月
■2009年 1月
■2008年 12月
■2008年 11月
■2008年 10月
■2008年 9月
■2008年 8月
■2008年 7月
■2008年 6月
■2008年 5月
■2008年 4月
■2008年 3月
■2008年 2月
■2008年 1月
■2007年12月
■2007年11月
■2007年10月
■2007年9月
■2007年8月
■2007年7月
■2007年6月
■2007年5月
■2007年4月
■2007年3月
■2007年2月
■2007年1月
■2006年12月
■2006年11月
■2006年10月
■2006年 9月
■2006年 8月
■2006年 7月
■2006年 5月〜6月
■藤沢の漁業
■藤沢の文学碑散策
■藤沢でがんばる畜産農業
■藤沢の自然と歴史
■藤沢の自然と歴史2
■藤沢の自然と歴史3
■きらきらのあの日
■きらきらのあの日2
■きらきらのあの日3
 
◆湘南映像祭出品作品集
 
 
 
「市民記者養成講座」は慶應義塾大学金子郁容研究室(文部科学省/現代GPプロジェクト)と藤沢市の共同で開催され、ISIS編集学校(編集工学研究所)のカリキュラムの一部が利用されています。また、この市民記者のページは編集工学研究所のサポートで運用されています。