トップページへ
 
☆お知らせ☆
市民記者3期生
いよいよデビュー
 
市民記者のみなさん
  
アロハ亭夢子
板倉慶隆
大野 滋
影法師
湘太
郡司 薫
本野木阿弥
キバライトトンボ
紙風船
えのじょなおこ
サーフ・ライター
TOMU
まつぼっくり
ヒゲヤマ
三丁目の夕日
藤沢アナログマシン
流想花
自由人@オキモト
プリズム7
ゆきうさぎ
おりづるらん
土井 隆
Arbol Viejo
ichipooh
いっぱん@庶民
さりぃ
清流ひょう箪
東 善治
funkymonk
風姿マニマニ
古川裕康
ミラー・サウンド
ライ丸
落雁亭
 
電縁都市ふじさわ市民記者養成講座を修了したみなさんです。
 
 
市民記者 No.114 ヒゲヤマ
 
■コラム:子どもを性犯罪者から守った
「母親のスパイウエア」
2007年6月7日

日経パソコンのメルマガで配信されてきたニュースタイトルです。
記事を読んでみると、英国のあるお母さんが自分の15歳の息子がインタ
ーネットをどのように利用しているのか調べるため、息子が使っている
パソコンにスパイウエアを仕込んだのです。
そこで、米国人の男と、みだらな写真やビデオを交換していることを知
り、英国の警察に通報。警察からは米国の出入国管理局に伝えられ、そ
の少年(息子)に会うために英国に渡ろうとしていた男が逮捕されたと
いう。(日経パソコンメルマガより、一部引用)

私も、日頃いろんな方からパソコンが調子が悪くなったという相談を受
けるのですが、ウイルスだけでなくスパイウエアが入り込んで、パソコ
ンの動きを鈍らせているケースも結構あります。
まあ、スパイウエアというくらいですから、行動を監視することは容易
いで悪用されるものなのですが、このような息子の監視に利用されると
は・・・。でも、いくら未成年の息子と言えども息子からすれば一寸、
嫌な気分かも知れません。

我が家の息子もまだ小学生ですが、パソコンは居間にあるパソコンしか
使えなくしていますし、1回45分、1日3回、親がいないときはやら
ない、というルールをしっかり守っているようです。
しかし、ブラウザに付属しているフィルター機能しか使っていないので
今度、市販のフィルターを購入してみようかなとも思っておりますが、
それも、機械に監視をさせているようで、やはり、親が見守ることが
一番大事なのかも知れません。いつまでも、子どもと一緒にインターネ
ットを楽しみたいと思います。
でも、いつまで一緒に楽しめるのやら・・・・・・。

 

 

市民記者 No.114 ヒゲヤマ
 
■コラム:ヒゲヤマのパソコンライフ
「あなたのセキュリティ対策は如何ですか?」
2007年3月29日

日頃インターネットを利用したり、メールでやり取りをされていると思いますが、皆さんのセキュリティ対策は大丈夫でしょうか。
最近、パソコンの調子が悪いと言う相談を、チョコチョコ受けるのですが、そうした方のパソコンを見せていただくと、ウイルス対策ソフトを導入されていない方が多いのには驚きます。買ったときに入っていたのを使っていて、更新のお知らせが来てもそのままの状態で使われているのです。
先日も日経ネットワークに、今までのウイルスは、「愉快犯」的な犯行が多く、パソコン画面の文字が突然消えたり、奇妙な絵が出てきたりで動作が異常になり、はっきりウイルスだと判る物が多かったのですが、今では営利目的に作られまたその手口も大変巧妙になっているという記事が書かれており、少しその内容を紹介させていただきます。

「ウイルス対策ソフトを導入しているから大丈夫」と安心してはいけません。大量の亜種(少し様子を変更したもの)を作り出して、パターンをかく乱させパターン開発を少しでも遅らせようとするものや、ウイルスを検知するパターンファイルを開発する為に、実際にウイルスに感染させて検証する為に仮想マシンを使うのですが、その仮想マシン上では動作を止めてしまうウイルスなどもあるようです。
このように、ウイルス対策ソフトも万全とは言えませんが、有効であることは間違いないので、正規なものをインストールして常にパターンファイルを最新にしておく必要があります。

インターネットを利用していると画面にとかく警告画面が出現することがありますね。良く読まずに「OK」をクリックしていませんか。
警告メッセージも必ずしも判りやすいとはいえません。何に対する警告かわからないときは、検索エンジンで調べてみよう。ファイル名などをキーワードに検索すれば、その正体が判明します。

やはり、メールに添付された実行形式ファイルを開くことで感染することが多いようですが、拡張子が「exe」や「bat」と言った実行ファイルの拡張子ではく、「jpg」などに偽装した実行ファイルもあるようです。貴方のパソコンは、拡張子を表示する設定にしてありますか。もし、していないなら拡張子を表示して確認するようにしてください。

セキュリティホールを塞ぐのに、Windowes Update の実行は必須です。自動更新を有効にしておきましょう。しかし、Windowes Update をしているから安心していてはいけません。OS以外にも、アプリケーションソフトにもセキュリティホールはあります。Office などもそうです。
マイクロオフィスに関しては、一括して更新サービスしてくれる「Microsoft Updata」に切り替えておきましょう。また、マイクロソフトで無い、ブラウザやメーラーを使っている方は、各々のアプリの Update をお忘れなく、また、FTPソフトなどもそのようです。

ワンクリック詐欺の基本的な対処法は「無視すること」ことだと言われており、「自分もそうしているから大丈夫」だと思っていませんか。しかし、詐欺サイトの中にはウイルスを仕込むものの出ているようで、これは、無視するだけでは対処できません。クリックした時点でウイルスに感染してるかも知れません。最も効果的な対策は、そもそもワンクリック詐欺サイトにアクセスしないと言うことです。年齢や使用承諾の画面が出てきた時点で、アクセスを止めることが対策になることが多いようです。

迷惑メールとウイルスは直接関係ないと思っている方も多いかも知れませんが、迷惑メール対策には、ウイルスを防ぐという効果も充分にあります。まだ、迷惑メール対策をしていない方は、是非、実施すべきです。
メーラーに負荷されている、迷惑メールフィルターの活用や、セキュリティソフトの迷惑フィルターなども活用すべきでしょう。
大量の迷惑メールが来る方は、アウトルックエクスプレスなどを使っていないで、もっと有能な迷惑フィルターを持っているメーラーを使用するようにした方が良いでしょう。

いろいろと対策方法を書きましたが、家のセキュリティも鍵の数を増やせばより安全になるのですが、自分が入るときにも増やした分だけ鍵を開けなくては入れなくて、かなり不便になるのですが、ウイルスの場合は自分だけでなく他の方に大変迷惑を掛けることになるので、やはり、それなりにしっかりと対策をしておく必要があるのではないかと思います。
お互いに注意して、快適にインターネットライフを楽しみましょう。

 
市民記者 No.114 ヒゲヤマ
 
■コラム3:漁業から見た藤沢
「漁業から見た藤沢」
2006年4月19日

南北に長い藤沢は、南では海に面して、東は鵠沼海岸から西は辻堂海岸までほぼ砂浜が広がっている。そうした地形において藤沢でも古くから漁業も行われている。大抵のところは、半農半漁が多かったようですが、今ではそうしたところも、少なくなっているとのことです。その、数少ない漁業を営んでいる、葉山一郎氏のセミナーに参加しましたので、その感想などをまとめてみました。

葉山氏は、藤沢市漁業協同組合の組合長で、堀川網の網元として、地引き網漁を主とした漁業を営み相模湾の漁業継承の一端を担っておられます。昔、相模湾ではシラス漁等を主とした漁業も盛んで、そのシラスを加工する業者なども数多く存在したそうですが、現在では、シラスの捕獲量も減り、またそれを広げて干す場所も無くなって来たと言うことで、ほとんどが廃業となっり、網元のところで加工する程度になったようです。

堀川網では、観光としての地引き網漁も行っており、現在では体験学習として学校からの要望も多くなってきており、海洋汚染の問題を主とした、環境汚染等の問題提起などの、学習授業に利用されたりすることがあるそうです。お話していただいた、葉山氏は少年時代から船に乗り、その間ずーっと湘南の海を見て来られ、昔の海と今の海、また、捕獲される魚の種類や量の変位を身をもって感じられているであろうと思います。そんな、豊富な経験を肌で感じることが出来た、セミナーでした。今度、お店に伺いご自慢の釜揚げシラスを、買い求めたいと思います。

 

 
市民記者 No.114 ヒゲヤマ
 
■コラム2:藤沢の自然と歴史
「小林政夫氏セミナーに参加して」
2006年4月8日

 4月5日(水)藤沢市防災センターで行われた、小林政夫氏の「自然に学ぶ、歴史に展く」というセミナーに参加した。小林氏の専門は地質学で、南北に長い藤沢の南部の砂丘地帯から、北部の丘陵地帯の地質を研究して歩いているうちに、藤沢の歴史にも興味が移り、今では、藤沢の地名や伝説、歴史に大変精通しておられ、大変興味深いお話をたくさん聞かせていただくことができま
した。

  遠藤貝塚、西富貝塚からわかるように、6000年前には藤沢は相模野台地の外れで殆どが海の中だったこと、その後、砂丘が広がって今の藤沢の地形になってきたこと、江戸時代には、その砂丘に松を植えて海岸からの砂を防いで、被害を食い止めた話しなどなど、・・・・。
東海道の宿として、藤沢宿が大山参りや、江ノ島詣で大変賑わいを見せた後、明治の時代になり東海道線の線路計画に町民が反対をして、今の藤沢駅の位置になり、町の中心が移動してきたことなど、大変興味深い話でした。

私は、藤沢に住んでまだ30年ぐらいしかなりませんが、小林氏の話を伺い、もう少し、今自分の住んでいる地域の昔の事を知ってみたいという気持ちにさせられたセミナーでした。小林先生ありがとう御座いました。

 
市民記者 No.114 ヒゲヤマ
 
■コラム1:きらきらのあの日
「俺のキラキラの素」
2006年3月28日

 俺が、いつ「キラキラしていたか」って、そんな時期があったんか。そうだな、コウノトリがある日突然、赤ちゃんを運んできてその子の父親となる決心をしたときには、この子のために、「キラキラせなあかん」と言う気持ちを抱くようにはなってるし、この子のお陰でキラキラさせてもろてるなあ。

 あれは、もう8年前のことですわ。その頃は一週間大阪で仕事して、土日に帰って来ると言うような仕事を、半年ほどしてたんや、そんな金曜日に「明日は帰るから」と、産婆さんをしている妻に電話をすると、「赤ちゃんがいるからね」と、電話の向こうで言うのや。何のことか判らず兎に角、家に帰ると、見知らぬ女子大生とかわいい赤ちゃんがいた。

 一人住まいの女子大生が、アパートで出産をしてしまい、どうして良いか判らずに、電話帳で引いた助産院に電話をしてきて、その助産院を手伝っていた妻が、アパートに駆けつけて、赤ちゃんの処置を済ませて、そのまま母子とも車で我が家に連れてきたというわけやねん。その女子大生は、親にも相談できずにいたんやけど、未成年でもあり、結局、女子大生の母親に連絡をし相談した結果、家庭裁判所に特別養子縁組の判決をもらって、うちの子に
なったんや。

 その時やな、桃太郎のために「キラキラしよう」と決心したのは、でも、今では逆にその桃太郎にキラキラさせてもろてるがな。たまには、イライラさせられるし、ハラハラもさせられるけどな。

 
 

ヒゲヤマ


パソコン歴25年。「進化の早さにやっとの思いでついていってる」というが、蓄積された知識は相当なもの。藤沢在住35年。日夜、バイクで駆け回る機動力をいかしたコラムに期待したい。市民記者養成講座で書いた最初のコラム「俺のキラキラの素」には、師範も世話人もすっかり魅了された。


 
藤沢市市民記者一周年記念誌「ふじ記第1号」
→ PDFデータを見る
 
コラムアーカイブ
 
■2010年 12月
■2010年 11月
■2010年 10月
■2010年 9月
■2010年 8月
■2010年 7月
■2010年 6月
■2010年 5月
■2010年 4月
■2010年 3月
■2010年 2月
■2010年 1月
■2009年 12月
■2009年 11月
■2009年 10月
■2009年 9月
■2009年 8月
■2009年 7月
■2009年 6月
■2009年 5月
■2009年 4月
■2009年 3月
■2009年 2月
■2009年 1月
■2008年 12月
■2008年 11月
■2008年 10月
■2008年 9月
■2008年 8月
■2008年 7月
■2008年 6月
■2008年 5月
■2008年 4月
■2008年 3月
■2008年 2月
■2008年 1月
■2007年12月
■2007年11月
■2007年10月
■2007年9月
■2007年8月
■2007年7月
■2007年6月
■2007年5月
■2007年4月
■2007年3月
■2007年2月
■2007年1月
■2006年12月
■2006年11月
■2006年10月
■2006年 9月
■2006年 8月
■2006年 7月
■2006年 5月〜6月
■藤沢の漁業
■藤沢の文学碑散策
■藤沢でがんばる畜産農業
■藤沢の自然と歴史
■藤沢の自然と歴史2
■藤沢の自然と歴史3
■きらきらのあの日
■きらきらのあの日2
■きらきらのあの日3
 
◆湘南映像祭出品作品集
 
 
 
「市民記者養成講座」は慶應義塾大学金子郁容研究室(文部科学省/現代GPプロジェクト)と藤沢市の共同で開催され、ISIS編集学校(編集工学研究所)のカリキュラムの一部が利用されています。また、この市民記者のページは編集工学研究所のサポートで運用されています。